2006年 05月 23日 ( 1 )

N-house。

平塚でDog run house2に続き、
N-houseという物件の打ち合わせが昨日ありました。

親子5人の住宅。
ちょっと変形した土地でしたが、
比較的余裕のある土地だったので、余り変な形にならずにプランは作成されました。
明確なコンセプトは提示されませんでしたが、
黒と白のコントラストが美しい建築になりそうです。

来年3月竣工を目指して実施設計に取り掛かります。

設計契約時にいつも思うこと。

クライアントは”CUBO design”に何を期待して頂き、
なぜ設計契約してくれたのか。

その部分を大切に、正面から向き合って、
一つ一つ丁寧にことを進めて行きたいと常に思っています。
時間の掛かる作業ですが、
そこをナイガシロにすると後できっと後悔する。
だからクライアントにはとことん考えて頂き、
じっくりと時間を掛けていただきたいと思っています。

設計契約。
その印鑑を押すことで、僕はクライアントの大きな財布の監理と、
一生の財産を作る作業の責任を任されることになります。
その責任は重大であり、
また光栄でもあります。

僕自身が自宅を建てたときに感じた思い、
感じた重圧をクライアントに投影して、
設計作業を進めて行きたいと思っています。
[PR]

by cubod | 2006-05-23 10:08